第234回

ホクレン農業協同組合連合会 米穀部 主食課 國岡 路恵 様

(2017年3月3日放送)

0303國岡様

今週はホクレン農業協同組合連合会 米穀部主食課の國岡路恵さんです。

 

國岡さんの所属する主食課はお米を取り扱っており、北海道のお米について考える毎日です。生産者のたゆまぬ努力により、どんどんおいしくなっている北海道米。今年は「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」の3品種が「平成28年産 米の食味ランキング」で特Aを取得することができました。

 

道内で北海道米の消費が増えていることは嬉しい反面、全国的には米の消費量が減少しています。その背景には人口減少もありますが、パンや麺など、選択肢が増えてきたことも要因になっているようです。

 

お米を積極的に食べていただくために、米穀部では「年がら年中ごはん!ごはん!」というキャンペーンを展開しています。3月はひな祭りに合わせてコンビニエンスストアやスーパーと協力し、“ちらし寿司・てまり寿司”のPRを行いました。ちらし寿司の具には「エビ(長生きできるように)」「レンコン(先を見通せるように)」「豆(まめに働き仕事がうまくいくように)」など、女の子の幸せを願う気持ちが込められています。

今後も、夏バテに負けないためのカレーライスや、秋のとれたての新米の美味しさなど、一年を通してごはんを食べるシーンの提案をしていくそうです。

 

今は雪のシーズンですが、雪がとければ田植えが始まります。最近は体験型のイベントなど、生産者と触れ合える機会も増えているので、機会があればぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

▼▽ 北海道米HPはこちら ▽▼

http://www.hokkaido-kome.gr.jp/