第238回

ホクレン農業協同組合連合会 販売推進課 課長代理 桑山 陽子 様

(2017年3月31日放送)

0331桑山さま

今週はホクレン農業協同組合連合会 販売推進課の桑山 陽子さんです。

 

今回が最終回となるママ’sテーブル。桑山さんはこれまで担当者として番組に携わってこられました。

 

ママ’sテーブルは北海道の食を支えている女性の方々の情報発信の場やネットワークをつくりたい、という想いから2012年9月にスタートしました。当初は女性に限定することで出演者をみつけられないのではないかという不安もあったそうです。しかし始まってみると生産者はもちろん、流通、加工、販売、食のPRなど様々な分野で活躍しているたくさんの女性の皆さんと出会うことができ、北海道の食を支える女性たちの力強さを感じることができました。

 

関西出身の桑山さんは北海道を「雄大な大地でそれぞれの土地に適した農業を展開し、多くの農畜産物を生み出している『食の宝庫』」だと感じています。さらに農畜産物の生産量の多さ、品質の高さ、生産者の熱い想いからは「命を支える仕事」という使命感も伝わってくるそうです。

 

ホクレンは道内のJA生産者が安定的に農業に取り組めるよう、資材や情報、技術を提供するとともに、全国の消費者の皆さんに安全・安心な美味しい農畜産物をお届けしています。新たな技術の導入など日々進化を続ける農畜産業ですが、「美味しいものを届けたい」という生産者の想いは変わらずに受け継がれており、これからもその想いを農畜産物と一緒に全国へと届け、北海道の食を支えていきたいと力強く語っていただきました。

 

また今後は生産者と消費者とを結びつけていく、交流の場をさらに広げていくことが大切だと考えています。体験農場や直売所、レストランが一体となった「くるるの杜」や、ホクレンの広報誌「GReen」、そして今年GReenから発足したファンクラブ「ぐりんぐらん」などを活用しながら、生産者の想いを一人でも多くの消費者に伝え、理解を広げていきたいとのことでした。

 

ママ’sテーブルは4年7ヶ月間の放送で延べ238名の皆様にご出演していただきました。ご出演してくださった皆さま、聴いてくださった皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

□ホクレンホームページ http://www.hokuren.or.jp/
□くるるの杜ホームページ http://www.hokuren-kururu.jp
□GReenホームページ http://www.hokuren.or.jp/greenweb/